上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TEDの魅力

* プレゼン内容は自分の興味のある分野から選べる

* ネイティブ若しくは相応の英語力のある方のプレゼンなので聞きやすい

* 英語脳を鍛えるだけではなく、知識レベルでも世界視野で広げることができる

* ボランティアの日本語翻訳チームの成果でSubtitleのあるプレゼンも日々更新されている

TEDとは。

カリフォルニアで講演会を主催しているグループのこと。

TEDが主催している講演会の名称をTED Conference(テド・カンファレンス)と言い学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なう。

講演会は1984年に極々身内のサロン的集まりとして始まったが、2006年から講演会の内容をインターネット上で無料で動画配信するようになり、それを契機にその名が広く知られるようになった。
(引用:wikipedeia)

↓日本語翻訳付のTED↓
TED日本語(http://www.ted.com/translate/languages/ja)

↓TED オリジナル↓
TED(http://www.ted.com/)


おすすめTED

Facebook COO のシェリル・サンドバーグ
経営幹部を目指している女性に3つの強力なアドバイスを与えます。

アフガニスタンの教育問題
(お前が持っているものは全て失うリスクがある、だけど学識だけは残る)

行動心理学
(モチベーションに関する驚きの科学)
【ペン】

「創業経営者は一流のペンを持っている」とファーストクラスのCAさんが執筆した本に書いてあったのが印象的でした。
(エコノミーのお客様は借りる方が多いとか。)

理由は、彼等にとっては何時でもメモを取るための必需品だから。

納得です。

機能性のある一流のペンが、さりげなく胸ポケットに光っていたら
経営者問わずデキル人かも(笑)
個人的にはモンブランが好き。

ところで私はよくペンを貸す方なので、お気に入りのペンは持てないのですがこだわりはあります。
それは、絶対、3/4色ペン。
沢山ノートを黒字で書いた後で、埋もれたTodoを確認するためにもやっぱり赤は必須。
そして、Todo以外の豆知識や、後で調べたい言葉等は青。

たまーに文房具屋さんに行くと目新しいアイディア商品、デザイン商品が色々並んでいて楽しくなります。
効率的に仕事するためにもお気に入りの文具は必須パートナーですね。

以下、私のお気に入りをご紹介します。

【ノート】SHOT NOTE(iphone/android対応しています)、見開きノートは使い辛いので必ずくるっと回るもの。
【ファイル】良く使う資料はビニールポケットからの出し入れ面倒なので、挟む式
【Todoポストイット】貼ってはがせるのがGood!!
画像左の本は3色ペンで書けちゃうイラストブック⇒ビジネスでも女性らしさをアクセントに。

2013_04_05_12_55_30.jpg






情報収集能力と調整能力に長けていることと痛感。
(秘書業務の中でも特に。)

善悪の捉え方には個人差があると思われますが
資本主義国家のうちの営利組織において
会社の目標や個人の目標に達するためには必須能力なのでしょう。。。

日々いろーんなストレスが漂っている中でも幸せもいっぱいあります。

年を重ねるつれて涙もろくなるのは、人生色々経験していく中で
人の痛みも解かり、幸せもより感じられ、感受性豊かになっていくからなのかも。

あと、心強いのは人は誰でも大なり小なり自分と同じようにストレスを感じて生きている
類友だと認識することで、自分一人だけが抱えている訳ではないということですよね。

いつもいつもは難しいですけど、明るく笑顔でいることで
小さな幸せを伝染させていけるような気がします。





30前の悩み事


日本語、英語、人並みに遣えます。
中国語はお楽しみ会話くらい。

脳をオンにして思いっきり仕事して
脳をオフにして思いっきり遊ぶことが好き。

波乱万丈に生きてきました。酸いも甘いも。
もう残すは、結婚して家庭を築き、子供を産んで育てること。
なのかな~

ゼロイチアイディアを形にして国籍問わず喜ばれるような事業で
起業してグローバル企業にしたかった夢は一旦中断しています。
チャンスとタイミング次第でいつでも。

とは思いつつ今は、色々な義理もあり、起業欲は温存され
秘書道を学んでいる訳ですが、やっぱり最近、海外に出たい欲求が
また芽生え始めてしまっている気がします。

なんかぱっとしない!!

やりたいことは沢山あるのに、以前のような強い思いに欠けているのは何故でしょう。

暫く身を任せて流れのままに~で本当に良いのかな。

今をじっくりゆっくり味わう大切さも知っています。
だけど、30目前にしてやっぱり焦る!

とりあえず、女磨きを忘れず、資格も取りつつ
鬱にならないように、1日1日を大事に生きてみます。

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»


ランキング!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。